偏頭痛は治療で改善可能|健康の取扱説明書

女性

頭痛の知識を深める

カウンセリング

偏頭痛の知識と治療方法を自分自身で深めることにより、医療機関での医師の問診への対応も可能になります。問診の時にあまり患者さんへ質問しない医師や機械ばかりに頼る際には注意が必要です。また、処方薬などを上手に活用することが大切です。

詳しくはコチラ

予防と動向

看護師

偏頭痛の原因というのは、まだハッキリとは特定されていません。ですが誘因となるものは解明されてきており、精神的ストレス、月経、不眠、高血圧、アレルギーなどがあげられます。適切な治療を行うことで、症状を抑えることが可能です。

詳しくはコチラ

イヤな痛みをブロック

看護師

偏頭痛は目がチカチカするなど前兆を伴う場合も多く、その時に治療薬を服用する必要があります。また、アルコール類をセーブするなど食べ物を工夫することも大切です。今は治療ではなく予防薬の開発も進み、偏頭痛のメカニズムがますます解明されることが期待されます。今後は、予防薬ももっと進化することでしょう。

詳しくはコチラ

頭痛の概要

頭痛の特徴

頭痛

偏頭痛という症状があります。偏頭痛の一般的な治療については、頭痛が軽い場合には市販の鎮痛薬で十分に効果が期待できます。服用量を守りながら普段の生活ができている場合には、医療機関を受診する必要性は低いです。しかし、服用量を守っていも、ほぼ毎日服用している場合には診断基準に照らせば薬物乱用頭痛といえますから、受診が必要と考えた方がよいです。医療機関は大きく分けて、抑制治療と予防治療の2種類があります。抑制治療とは、頭痛発作があるときに薬を使用する方法です。過半数の患者さんはこの方法で痛みを緩和することができます。予防治療とは偏頭痛の頻度を減らすことが目的です。抑制治療と並行して行うもので、予防薬を服用します。偏頭痛の頻度が多かったり、そのために抑制治療の薬が多くなっている場合のほか、治療の効果が不十分な場合には、薬剤を調整して徐々に体調に合わせて検討します。医療機関で処方される鎮痛薬には多くの種類があります。鎮痛薬の効果には個人差があり、処方された薬が効果がない場合には、別の薬で効果があることがあります。医療機関で処方される薬は、ほとんどが単一成分のものです。薬の効果が期待できないときには医師に相談をすることが大切です。

頭痛の注意すべき点

偏頭痛を避けるためには、予防法を知ることが大切です。偏頭痛があらわれたとき、薬を服用することは重要な対策の一つです。しかし、それ以前に自らの努力によって頭痛の症状への対応を理解することが大切です。薬を多く服用している人でも、薬を飲まなくてすむようになれば負担も軽くなります。偏頭痛に対しては普段の生活から、自らを観察して頭痛への誘発条件を突き止めることが大切です。どんな時に頭痛発作が出やすいか、記録をとりながら観察します。例えば緊張が緩んだ時に出やすい人は、一息つく時にコーヒーや苦いお茶を飲みます。これらの効果は血管収縮作用があり、血管が広がるのを遅くして頭痛の誘発を軽減ができます。朝から頭痛が出やすい人は、カーテンを閉めて部屋を暗くします。気温が上がり始める早朝にクーラーが動くようにします。頭痛発作の誘発を抑える効果が期待できます。また、暑い日には帽子をかぶります。陽射しが強い時にはサングラスを利用することで頭痛への誘発を防ぐことが期待できます。また、生活環境が変わったり職場が変わることで偏頭痛が大幅に減ることがあります。頭痛への誘発条件を細かく検討することが大切です。

頭痛対策

病院

心療内科などで行われる偏頭痛の治療では、多くの場合専用の薬が処方されます。このような薬を頻繁に服用してしまうと、時に薬物乱用頭痛に陥ることがあるため注意が必要です。現在の偏頭痛治療薬は痛みの原因から抑えることが可能で、発作に恐怖感を抱く方にも愛用されています。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 偏頭痛は治療で改善可能|健康の取扱説明書 All Rights Reserved.