偏頭痛は治療で改善可能|健康の取扱説明書

女性

頭痛の知識を深める

頭痛の豆知識

カウンセリング

偏頭痛の治療は、治療を始める前に確認することがあります。処方される薬や市販の薬などの使用頻度を自分で整理して理解する必要があります。患者さん自身がきちんと知っておきたいことは、効果的な治療のために重要です。将来を見据えて、長期に治療していくためには医師の選び方が重要になります。まずは、しっかり問診を行って診断する医師が必要です。偏頭痛で医療機関を受診すると、CTやMRIなどの画像検査が行われることが少なくありません。精密検査をすることで脳腫瘍や脳出血の早期発見につながります。しかし、画像検査ばかりに頼る医師ではなく、患者さんの状態を観察しながら適度に精密検査をする必要があります。精密検査を行っても画像検査をするのは人です。画像を見落としては意味がありません。不要な画像検査を行わないためには、患者さんへの知識を持っておく必要があります。しっかりした知識のある医師は、問診の時にいつから痛いのか、どの部位の痛みが強くて痛みがどのように変化したなど細かく把握します。これらの症状を把握できて初めて偏頭痛だけなのか、他の病気の可能性の有無を診断してくれます。そのため、医師選びが非常に重要になります。

市販の処方薬が人気の理由

市販の処方薬で頭痛を治そうと考える人が多い理由の一つに手に入れることができることが挙げられます。医療機関へ診断したいけれども、仕事が忙しくて行けない場合や交通手段が少なく医療機関へ行くことが困難なときなどに市販の処方薬が便利だからです。しかし、市販の薬で効果がない場合などは注意が必要です。薬自体を変更する必要がある場合があります。その際には医師への問診と診断を受けることが大切です。自分では偏頭痛と思っていても、実は他の病気などの時があります。脳腫瘍や脳出血は発見が遅くなると治療が困難になります。治療を早期に行なうには早期発見が不可欠です。薬の服用が増えた場合には理由を探ることも重要です。服用回数がこのまま増えていく可能性がないわけではないため、増えてしまった理由を自分でわかる範囲で知ることが大切です。例えば、偏頭痛は血管拡張をきたす条件で誘発しやすいです。また、一般的に偏頭痛では、中年になってくると若い時と比べて頭痛の回数は増える傾向があります。数年かけて増えてきた場合には、年齢の影響があるかもしれないという視点を持つことが大切です。市販の処方薬と医療機関での処方薬を上手に使うことが、自分自身のために大切です。

Copyright©2015 偏頭痛は治療で改善可能|健康の取扱説明書 All Rights Reserved.